法事

おすすめ

初七日、49日、一周忌の手続きガイド

初七日、49日、一周忌などいざ行おうとすると分からないことだらけではありませんか?法事に関する情報を掲載しています。法事がスムーズに済むように必要な手続きから料金までお寺やお坊さんのガイド。

お坊さん便

法事について知りたい

法事とは遺族が親しい人たちが個人の冥福を祈る仏教儀式のことで、 仏教行事や儀式すべてを含めて「法事」と言います。 法事の種類として、 死者が三途の川のほとりに到着する亡くなった日から7日目の「初七日」から 14日目「二七日」・21日目「三七日」28日目「四七日」と続き、 四十九日法要や一周忌などが行われます。 最近では初七日は7日目ではなく、葬儀当日の火葬後に遺骨迎えと一緒に 行われることも増えています。 そのため、供養⇒読経・焼香⇒会食というのが一般的になっており、 四十九日(七七日忌)・一周忌・三回忌・七回忌・十三回忌の中で、 納骨することが多いのが一周忌で知人を招くのは一周忌もしくは三回忌までで、 七回忌以降は遺族や親族だけで行う場合もあれば、七回忌は遺族のみという 場合もあり、地域などによっても変わってきます。 法事は三十三回忌で弔い上げと言われており、亡くなって33年経つと 誰でも無罪放免で極楽浄土に行けると言われています。 戒名を過去帳に転記し、位牌を菩提寺に納める事になりますがなかには 五十回忌をして、その後50年後に行うという場合もあります。 一般的には三十三回忌ですが、きちんと確認をしておくと良いでしょう。 また、関西ではなくなった日の前日から数えられる場合もありますので、 亡くなってからの数え方も確認をしてください。

法要とは何か?

法事と法要というと同じイメージがありますが、法要は追善供養のみになります。 追善供養とは遺族が個人の冥福を祈るもので、わかりやすくいうと 『法要』はお経をあげてもらうだけ 『法事』は後の食事なども含めます よく一周忌や三回忌を「法事」と言いますが、それ自体は法要の種類になりますが、 その後にみんなで会食をするので「法事」になるのです。 そのため「初七日法要」などの言い方をしますが、この法要の種類も、親族を招いて 法事になるのが初七日と四十九日(七七日)で、それ以外は遺族のみになります。 また命日の100日後も「百か日法要」があり、一周忌・三回忌・七回忌と続き、 三十三回忌まで法要があります。 法要は三種類あり、忌日・年忌・月忌となります。 言葉の通り、日・年・月単位となり、初七日は「忌日法要」、一周忌は「年忌法要」と なります。 では月忌法要は?というと、月参り・月命日で、墓参りをしたり読経をしたりするもので、 故人の亡くなった月ごとの同日に行います。 この法要ですが、命日前にするか後にするか・・・は、かならず命日前にするように してください。 日程が取れない場合もありますので、大切な日は早めに決めておくようにしましょう。

最新のエントリー一覧

天台宗
天台宗の宗祖は伝教大師最澄、高祖は天台大師智??です。 中国隋の時代に天台宗を開...

年忌法要
年忌法要は、命日(亡くなった日)と同月同日に行われる法要で、 祥月命日と言います...

納骨法要
遺骨は葬儀が終わってからしばらくは自宅に安置するのですが、 その後納骨を行います...